So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

資産3000億→借金1000億「ツカサのウイークリーマンション」社長の壮絶人生とは

「幸せ! ボンビーガール」に元ツカサの

ウイークリーマンション社長が出演。

壮絶人生を語っていましたね。

今は新しいプロジェクトに携わっているそうです。


<スポンサードリンク>





ウィークリーマンションツカサで一時代築いた川又三智彦さん

バブル全盛の頃は3000億円の資産を誇っていた川又さんですが、

91年の日銀の総量規制によるバブル崩壊で1000億円の借金王に

転落してしまいました。


ウィークリーマンション・ツカサに貸した金融機関は

ノンバンクも含め50社以上でしたが、それらも、破綻、

統合等で全てが消滅してしまったそう。


川又さんが背負った巨額の債務は、裁判の結果、

免責となったようですね。


そして、現在は家賃8万の賃貸暮らし。

冷蔵庫には「袋入りもやし」がたくさん。

机の上には小銭を溜めたビン。


慎ましやかな生活を送っている現在67歳の

川又さんですが、しかし、

人生の希望を捨ててはいません。


<スポンサードリンク>





川又さんは、また新たなプロジェクトに携わっている

わけです。

それは、


「会津若松昭和30年村プロジェクト」。


会津若松に四万坪の土地を買って、そこに町をつくる

プロジェクトなのだそう。


昭和30年、人々は決して生活は豊かではなかったけれど、

心が通い合い、夢や希望を持っていた時代でした。

川又さんは、そんな元気だった頃の日本を復活したいと考え、

その答えが「昭和30年村プロジェクト」なわけです。


まずは一つ理想の町をつくろうということですね。

震災で傷ついた福島の復興支援をしたいという考えもあるそう。


川又さんはボランティアアルバイトを募っていますが、

昭和30年村プロジェクトのコンセプトに賛同し、たくさんの人が

参加を希望しているといいます。



いやー、すばらしいですね。

川村さん、とても逞しいです。

不動産総量規制の時は、多くの日本人が酷いことになったん

ですよね。

中には人生を諦めてしまった方々も・・・。


でも、それを乗り越えてきた川又さんなら、きっと、

また夢を実現してくれることでしょう。

年齢なんて関係ないと思います。


会津若松ですか・・・東京から割と近いですし、

歴史的な観光地ですよね。


行ってみたいと思いました。


昭和30年村Facebook


<スポンサードリンク>




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0